マーケティングのマの字とは

マーケティングとは

皆さんは「マーケティング」というと何をイメージするでしょうか。起業したばかりの人にとってマーケティングという言葉は抽象的で何をどう理解して、勉強して、実践していったらいいかマーケティングのそもそもが分からない人が多い事かと思います。

※ちなみにWikipediaではこのように説明されています。

マーケティングとは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。参考元:Wikipedia

 

マーケティングは集客を楽にする仕組み

言わんとしている事は理解はできますが、説明として難しく、何をしていいのか、今一歩行動を起こすまでの理解には至りません。この理解の先にある起業家目線の目的とすれば、営業や集客を中長期的に”楽”にする仕組み作りだと私は考えます。

そのマーケティングを理解せずにいれば、当然手段も分からず、やみくもな営業ばかりで(足で稼ぐ手段がメイン)、疲弊してしまう起業家を多くみてきました。

少しでもマーケティング理解ができるようになり、あなたの起業の営業集客活動が、中長期的に楽になるよう、起業の早い段階から学んでおくべきです。

 

一昔前は限られた企業しか広告を出しにくかった

それでは、よりマーケティングの理解を深めるため、少し起業の歴史を遡りたいと思います。

インターネットが発達していなかった時代のマーケティングといえば、TV広告、新聞の折込チラシ、雑誌掲載街頭ビラ配りなど費用も高く資本力がある企業しか広告は打てませんでした。

またその方法は無作為にばらまくような、効果測定にも時間がかかるという点で、これからの起業家には非常に打ちにくい広告手段しかありませんでした。

やがて、電話やFAXなどの通信機器の発達と普及で、電話アポイント、FAXダイレクトメールなど、通信機器を使った広告手法へと発展していきました。これでもまだ広告費や顧客リストのある中小中堅規模の企業メインで、これまた起業家にはハードルの高い手段でした。

 

インターネットの普及により広がった広告手段

そして時代はインターネットの発達と普及により、無料のホームページやブログ、SNSなどを使った広告手法が取れるようになり、一昔前に比べてお金の掛からない広告手段が可能となりました。

ようやくこれからの起業家が気軽に広告を打てるようになったのです。そして広告を打つ先を戦略的にかつ費用対効果を最大化させるためにマーケティングも同時に学んでいく必要がでてきました。そのため、起業の早い段階でマーケティングを知っている知っていないとでは、後に大きく成果が変わってきます。

今どきのお金を掛けずに活用できる広告手段を最大限に活かし、営業・集客活動を”楽”にするのがマーケティングの目的です。

 

マーケティングの3つの手段

まず無料でできる土俵のうち、どこでマーケティングを展開していくかで具体的に学ぶ事も戦略も当然変わってきます。

Webマーケティング(Googleからの検索から集客を目指す)
SNSマーケティング(FBやインスタから集客を目指す)
動画マーケティング(Youtubeから集客を目指す)

など、◯◯マーケティングはその時代の背景や技術革新など、大規模なプラットフォーム(Googleやフェイスブック、YOUTUBE等)の誕生により時代と共に変わってきます。

 

仕組みを理解し最適な手法を

まずマーケティングとはあなたの起業の営業集客を中長期的に楽にする仕組みという理解をもってして、あなたの事業が今の時代でどの土俵が一番最適かある程度目星をつけて選ぶ事です。

個人的には2011年からの起業活動の中で、SNSの流行り廃りの速さを目の当たりにしてきました。しかしGoogleやYahoo!の検索の土俵は安定して、存在し続けています。

 

とりあえずならSEO=Google検索を学ぶ

どの土俵が最適か分からない方、または模索中の方は、まずはGoogleやYahoo!の検索の土俵(すなわちSEO)を学びつつ、自社のサービスや商品を一番求めている顧客像を明確にする所から、マーケティングのマの字の第一歩として行動していく事をオススメします。