SNSに顔を出したくない人必見!起業家SNS活用術

今どき個人の起業にはSNSが必須

今回はSNSの活用についてお伝えしていきます。

 

みなさんはSNSの特性を十分に理解していますか?

SNSをビジネス用途として使った事はありますか?

 

多くの人がSNSについてそこまで深く追求して使ってきていないと思われます。

 

そもそもSNSは気軽さが売りで、個人と個人を繋ぐツールとして発展してきました。

今回はそんなSNSをビジネス用途に使ういう観点を学んでいきたいと思います。

 

2019年時点の押さえておきたいSNS

まず、SNSは正式名称を「ソーシャルネットワーキングサービス」といいます。

これは分かりやすく言うと、インターネット上で人間関係を構築できるサービスのことを指します。

SNSは主に「情報の発信・共有・拡散」機能に重きを置いているのが特徴です。

またそんなSNSにも4つの種類(属性)があります。

 

 

 

 

 

①交流系SNS(Facebook・Twitter)

ユーザー同士で情報交換や意見交換ができる。

 

②メッセージ系SNS(LINE)

会員同士がメッセージ(チャット)をやり取りできる。

 

③写真系SNS(Instagram)

写真を投稿・共有して、会員同士がコミュニケーションを行う。

 

④動画系SNS(YouTube・TikTok)

動画を投稿・共有して、会員やユーザーがコミュニケーションを行う。

各SNSにはユーザー層や用途属性が違う

SNSはそれぞれの得意不得意や利用しているユーザー層が異なり、それに伴って相性の良いサービスが違います。

やみくもにSNS運用をするのではなく、ご自身のサービスと各SNSとの相性を十分に理解してから、

SNSが戦略的に利用することがビジネス活用のポイントです。

 

各SNSの特徴

では続いて、SNSについて理解したところで、それぞれのサービスが持つ特徴をお伝えしていきます。
代表的なSNSとしてFacebook・Twitter・Instagramの3つをみていきましょう。

①Facebook

世界最大のSNS。他サービスとの一番の違いは実名登録とリアルなつながりが推奨されていることです。

ユーザーの年齢層が他SNSと比べると幅広いため、老若男女問わないリーチが可能です。
また実名制であるため、信頼性が高いことも人気要素の一つです。

現状、TwitterやInstagramと比較すると、30代〜40代以上の利用が多いこともわかっています。

こんな方&こんな使い方がオススメ

・異業種交流会によく行かれる方

・リアルなつながりのある方に対して、自身の活動や近況報告をする場として利用する。

・イベントページを作成してFacebook内で告知宣伝する。


②Twitter

 

 

 

 

 

 

 

Twitterの最大の特徴は140文字以内と文字数制限があることです。

短文投稿が時系列で表示されるTwitterは、リアルタイム性が非常に高く若年層が中心です。
10代・20代にアクティブユーザーが多いため、
若年層へ対するリーチに適したマーケティングツールといえるでしょう。

匿名でアカウント作成できるため、Facebookよりも相手への信憑性には欠けます。

こんな方&こんな使い方がオススメ

・個人で顔を出してお仕事をされている方

・自身のサービスへの想いや考えを文章で発信する。

・ブログまでは書けないと感じている方


③Instagram

 

 

 

 

 

 

 

Instagramは、【画像】をコミュニケーションの中心としたSNSです。

おしゃれ・きれい・かわいい写真が次々と投稿され、画像を通したコミュニケーションが行われます。

フィルター機能を使って、手軽にオシャレな写真を投稿できます。
そのため流行に敏感な10〜30代の女性ユーザーが中心に利用しています。

また、ハッシュタグというInstagram特有の文化を用いることで、
検索から共通の場所・イベント・趣味の画像を見つけることができます。

こんな方&こんな使い方がオススメ

・女性に向けたサービスをしている方

・自身のサービスの世界観を世の中に広めたい方

・インフルエンサーに商品をPRしてもらいたい方

・写真センスに自信がある方


 

一昔前なら多大なコストを掛けて作る顧客管理システム

それぞれに得意不得意があるので、相性の良いツールを見極めて運用していくことが重要です。

このようにある程度の属性を集めるため顧客管理の仕組みを仮に自前で持つことは莫大な費用もかかります。

アカウント登録するだけでこのような仕組みを無料で使えるのは今の時代のメリットです。
そしてそこにはすでにあなたの潜在顧客がいます。

 

やみくもに始めても上手くいかないワケ

しかし、いきなり売り込みやサービス告知を全面的にするのではなく、
ネット上とはいえ人と人のコミュニケーションの場です。

まずはせっかくリアルで出会った人と、今後少しでも繋がっておきたいと思う気持ちから
スタートしてみはいかがでしょうか。

まずはリアルで繋がりSNSのフォロワーになってもらい、ある程度フォロワーが増えてきたら、
SNS上でさらにフォロワーを増やしていくという流れがオススメです。

 

ビジネスで活用するには「戦略とブランディング」を

そして本気でビジネスに活用するなら、

どのような目的で使いたいのか?

どのように見られたいのか?

SNSを通じてなぜ発信力を高めていきたいか?

などを明確にしてブランディングを意識していかねばなりません。

戦略的にプロフィールや投稿内容を考えていく必要があります。

そしてこれらの効果を発揮するには、信用面でも顔出しは必須になります。

まとめ

SNSをビジネス活用するポイントは

「あなたにあったユーザー層の多いSNSをチョイスする」

「プロフィールや投稿方法をブランディングする」

「顔出して信用度を高める」

「まずはリアルで会った人からフォロワーを増やす」

になります。