講師プロフィール

株式会社レガーレ 
代表取締役 伊藤 誠之

1983年生 名古屋出身
名古屋栄でコワーキングスペース「レガーレカフェ栄」を運営。
その傍らHP制作、経営者向け出版、起業支援事業を手掛ける。
2012年個人創業より、現在起業10年目。

◆ 書著「生き残る起業家と消えゆく起業家の特徴」
◆ 講師実績
 四日市大学講演「若手アントレプレナー講演」
 私立大学課外公演
 起業支援団体公演
 女性習い事教室
 速読教室
 IT企業 他

脱サラから起業までの道のりと失敗談

現状維持の環境から変えるため思い切って脱サラ

私は無計画のまま勢いでIT企業(当時28歳)を脱サラし、

モノ作りに憧れて、思い切って小さいですが畑を借り有機野菜作りをはじめました。

そして自然の世界の大変な厳しさを体験し、自然の恵みを体感したのち、

自然を相手に生きるという事は、想像以上に大変な世界だと思い知り、

今一度経済の世界に戻ろうと決意しました。

※自分が作った野菜は確かに美味しかったです

history
1

勢いと決断の速さだけが売り

特に経営の勉強やその業種の経験やスキルなど一切なくの勢いだけで起業しました。

根拠のない自信だけでやっていける程、

起業の世界も甘くないと、またものの数日で身をもって思い知らされました。

そしてワクワクや夢よりも、徐々に借金や支払いのプレッシャーが上回ります。

※お客様0の店内は只々プレッシャーの日々

history
2

集客って何?から始まった

勢いと決断力が売り!みたいなスタンスで脱サラした身でありましたので、

妄想が現実となった今、不安がワクワクを上回り、焦る日々が続きました。

経営って?起業って?集客って?と身内に経営者はいません。

立ち上げる前には知っておくべき、集客の”し”の字も知りませんでした。

また栄駅から徒歩約1分と好立地とはいえ、路面店ではなくビルの10Fに位置しており、

そのためふと目に止まってご来店・・というケースもほぼありませんでした。

※ふと窓から見える景色に黄昏れる時も

history
3

肉体労働でチラシやポスティング

何か行動しないと!で思いつく事といえば、

ビラ配りやポスティング、チラシ設置のお願いでした。

街に立って自分のお店のチラシを配るのに、初めの一歩はとても勇気が入りました。

毎日定期的に街に立ってはビラを配り、

ビルやマンションにポスティングしたりと、やってる感で少しの達成感をもたらしました。

 

しかし、期待以上の集客成果はなく、この行動に継続する意思がもてなくなりました。

集客に正解はないのですが、どうしても目先の正解を求めていたと思います。

 

このままでは数ヶ月後お店はなくなるのかも・・・

どうしたらこのジリ貧の状況から抜け出せるのか・・・

 

毎日起きては悩み、一日15時間は働いてはクタクタになって眠るという日々でした。

サラリーマンの時以上に働いて、これから先の見えない閉塞感で内心いっぱいでした。

history
4

自らコワーキングスペースに助けられる

幸いにも当店はコワーキングスペースです。

利用者様の多くは、起業家やフリーランスといった自営業の方が当時多かったです。

※Co(共有)+Working(働く・学ぶ)スペースの造語です

利用者様にはすでに起業して安定している先輩経営者もおり、

インターネットの活用方法やSNSなどのビジネス的使い方など

アドバイスや助言を頂く事ができました。

 

そして藁をもすがる気持ちで、初めて経営者になってから経営の勉強をしないと思いました。

お店で手が空いてる時、帰ってからも寝る時間を削って必死に勉強しました。

※帰ってから本を読んだり勉強し、現場で実践する日々です。

history
5

実践!即行動あるのみで試行錯誤の日々

ただただ必死に勉強と試行錯誤を繰り返しました。

自営業の一つの醍醐味はスピード感で、

思い立ったら即行動ができる所だとここで実感します。

 

そして徐々に集客ができるようになり、それが売上に繋がり、

自分の中で手応えのようなものが芽生えてきました。

 

当時した事は、

ブログで想いや日常風景、イベントなど頻度を調整して投稿したり、

HPにSEOを施したり、主流のSNSでフォロワーを増やしつつ投稿しつつ絡みつつ、

利用者の属性をペルソナ化したり、SWOT分析したり、店内のレイアウトや設置見直し、

近隣のお店を調査してこっそりチラシ置いたり、学校や企業にDMしたり、

そこに可能性がありそうなものは全てやりました。

 

そしてメディアへのプレスリリースなども戦略的に行う事で、

毎月のごとく新聞やテレビに取り上げてもらう事に成功しました。

※実際に取材は本当に多かった:https://legarecafe.com/interview

 

そこからはコツコツと積み上げてきた成果も重なり、売上面でも余裕がでてきました。

少し気持ちの余裕と、経営面で安定したかなと思えるようになるまで1、2年掛かりました。

そこからは築いてきたものを発展させたり、実績から横展開できるようになり、

 

大きく飛躍したと感じられたのは、

少しは自営業というものが理解できてきた3年目以降であったと思います。

セミナーを開催するように至ったのも、利用者様からの一言がきっかけでした。

本起業セミナーではこの起業して1年目に起きうる事や、事前に準備しておくべきコトなど、

少しでも想像がついた上で歩める事で、

失敗や損を減らしてもらい、成功への確率を高めてもらえるよう、

自分が当時学んでおきたかったであろう内容を元に作っております。

起業に本気で向き合う方、すでに決断されて一歩目を踏み出した方で、

興味あればぜひセミナーに足を履こんでみてください。

history
6